キャバリア・キング・チャールズ・スパニエル

動画

どんなワンちゃん?
キャバリア・キング・チャールズ・スパニエル(Cavalier King Charles Spaniel)は、イギリス原産のスパニエル犬種です。日本では一般的にキャバリアと呼ばれます。キング・チャールズ・スパニエル(King Charles Spaniel)とは別犬種とされています。

このワンちゃんの歴史は?
キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルは16~19世紀にかけ、英国の王室では小型のスパニエル犬種を飼育する習慣がありました。17世紀にはイングランド王チャールズ1世、2世の愛犬として知られ、当時の絵画にも登場します。

18世紀になると、東洋からパグや狆がヨーロッパに輸入され、短めのマズルを持つ犬種に人気が集中しました。これにより英国王室で愛されていた小型のスパニエル犬種も短吻に改良されていきます。そしてこの短吻種にキング・チャールズ・スパニエルの名が与えられました。

19世紀はじめ、チャールズ2世時代の絵画を見たアメリカ人、ロズウェル・エルドリッジが、尖った鼻を持つ初期の犬種の復活に巨額の賞金をつけました。ブリーダー達は競ってキング・チャールズ・スパニエルから時折産まれる、先祖返りしたタイプの個体を元に繁殖を進め、ついにチャールズ2世時代の絵に近い犬種を完成させました。そして復古の意味をこめて、「中世の騎士」を意味する「キャバリア」を冠した名前をつけました。

イギリスでは1960年代に王室がキャバリアを寵愛した事でも人気が上がり、以降高い人気を保っています。日本でも近年、人気が高まっています。

このワンちゃんの特徴は?
体高より体長がやや長めで、骨ががっしりしています。耳は垂れ耳、尾は垂れ尾でそれらには飾り毛がついています。キング・チャールズ・スパニエルの改良の過程で、あえてスパニエルの資質を残し、過度な小型化は避けられ、一回り大きくなっています。吻も長めです。

絹糸のような被毛はそれほど長くはなく、少々ウェーブがかかっている場合もあります。また、足元に羽毛のような長い毛が生えているのもこの犬種の特徴です。毛色は、ブラック&タン、ルビー、ブレンハイム(白地にチェストナットのマーキング)、トライカラー(白、黒、タンの3色)です。

このワンちゃんの飼育方法は?
キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルは家庭犬として理想的な犬種といえます。この犬種は優しく穏やかで、遊び好きで愛嬌もあり、愛情深く、物静かです。また、他の犬やペット、見知らぬ人に対してもすぐに仲よくなる社交的な犬です。屋外では散策をしたり、匂いをかいだり、いろいろなものを追いかけたりすることを好みます。

毎日きちんと運動をさせてあげる必要があります。適度な散歩をさせて、足場のよい場所で自由に遊ばせてあげましょう。できれば室内犬として飼うことをおすすめします。2日に1回はブラッシングをするように心がけてください。

このワンちゃんの基本情報は?

このワンちゃんの動画が見れるよ
[smartslider3 slider=96]

Posted by Dog-ZooCan.Com