紀州犬(きしゅういぬ)

動画

どんなワンちゃん?
紀州犬(きしゅういぬ)は、和歌山県原産の日本犬の一種です。1934年(昭和9年)に秋田犬や甲斐犬に次いで天然記念物に指定されました。

このワンちゃんの歴史は?
紀伊国(現在の和歌山県~三重県の熊野地方)の山岳部、すなわち紀伊山地周辺の土着犬を品種固定した犬種です。何世紀もの間イノシシ狩りやカモシカ狩りで活躍してきました。大型獣向きですが、ウサギやタヌキ等の猟にも使われていました。現在も猟犬として使用されている犬もいます。

1934年5月1日、文部省(現・文部科学省)より、紀州犬は文化財保護法に基づく天然記念物の指定を受けました。そのため、紀州犬の産地である和歌山県では紀州犬の保護に注力しており、和歌山市教育委員会では犬種として極めて優良な紀州犬に「優良紀州犬章」を交付し、種の保存に努めています。

毛色は現在、ほとんどが白ですが、元来は白・虎・胡麻のほかに斑毛のものも多く見られました。天然記念物に指定された1934年以降、毛色の統一が図られた結果、斑毛のものは姿を消しました。

日本犬の猟犬にはそれぞれ呼び方に違いがあり、猪の猟の犬を猪犬(ししいぬ)、シカの犬は鹿犬(しかいぬ)、ウサギなどには兎犬(うさぎいぬ)等、紀州犬は猪犬に当たります。

家庭犬としての適性が高く、日本犬の中では柴犬に次ぐ飼育頭数を誇る。

このワンちゃんの特徴は?
体はがっちりした筋肉質で、頭部がやや大きく、顎と地面に踏ん張る四肢の筋肉は特によく発達しています。鼻筋の通った顔、ピンとたった三角の立ち耳と細い三角目を持ち、典型的な日本犬の特徴があります。尾は柴犬などに多い巻尾と狼のような差し尾があります。

被毛は短毛で、硬い直毛の上毛とやわらかく密生した下毛のダブルコートです。毛色は現在、ほとんどが白ですが、虎毛や胡麻毛も認められています。白色毛のものが多い理由については、薄暗い山林でのイノシシとの誤射を防ぐためとされますが、実際は白が好まれる最近の傾向によるとの説もあります。

紀州犬は、紀伊山地に広がる広葉樹林でイノシシ狩りのエキスパートとして活躍してきた犬です。

伝統的なイノシシ狩猟では、狩猟銃を持った7、8人のハンターと、各ハンターにつき3、4頭の狩猟犬が一つの山の麓からばらばらに森へ入り、音を頼りに追い立てる方法をとります。通常は、中型犬では100kg以上の体重と鋭い牙を持つイノシシに飛びかかっても怪我をしてしまいます。そこで犬の重要な役目はイノシシを一箇所に留めておくことであり、犬はハンターが来るまで体勢を低くして遠巻きにイノシシを挑発します。イノシシが疲弊したところを狙って、ハンターがとどめをさすのです。ただし、ハンターが来られそうにない場合など、まれに犬のみで狩りを成功させることもあります。

このような狩りに向いた性質上、気性は荒い傾向があります。

このワンちゃんの飼育方法は?
紀州犬はしつけを怠って野放しにすると非常に攻撃的な性格になり、(特に家族以外の)人間や犬に噛みつく危険性があります。しかし、きちんとしつけを施せば優秀な家庭犬になり、小さな子供のいる家庭でも問題なく飼育できます。

日本土着犬の一般的特性として、主人に忠実でよそ者を警戒する性質を持つため、番犬に適しています。ただし、狩猟犬としての特性上、吠えることが少ないため、威嚇よりも撃退向きです。自分や家族に害を及ぼす相手に対しては、一切容赦せず強靭な顎で食らいつきます。来訪者が、犬が吠えないために近づいてしまうと、攻撃してしまう事があるので注意が必要です。

足場の悪い山地で長時間動くことができる体力があるため、飼育する場合には十分な運動が要求されます。毎日2回朝夕の運動は絶対に欠かせません。

遺伝病は少なく丈夫な犬種なので、比較的病気にもかかりにくいです。で手入れもしやすい犬種です。冬場は時々ブラッシングする程度、シャンプーも夏場に時々行う程度で大丈夫です。しかし換毛期には綿毛がかなり抜けるので、入念な手入れを心がけましょう。

このワンちゃんの基本情報は?

このワンちゃんの動画が見れるよ
[smartslider3 slider=95]

Posted by Dog-ZooCan.Com