川上犬(かわかみけん)

動画

どんなワンちゃん?
川上犬(かわかみけん、かわかみいぬ)は、長野県南佐久郡川上村を原産とする日本犬です。ニホンオオカミの血が流れているという言い伝えがあり、長野県の天然記念物に指定されています。信州川上犬や川上狼犬、梓山犬と呼ばれたこともあります。

このワンちゃんの歴史は?
川上犬は、古くは猟犬としてカモシカ猟で活躍していた犬種です。

川上村は周囲を山々が囲み、標高1,100m~1,400mに位置する寒冷な土地です。この気象条件から農業には適さず、江戸時代にはカモシカの毛皮を年貢として納めていました。カモシカの猟場は切り立った断崖の岩場で、猟犬にはカモシカと同等以上の敏捷性と強靭な足の裏の皮が必要とされ、「川上犬にヤマイヌを交配させた」との話が残っています。

大正時代は、猟が最も盛んな時代で、村内でも70頭ほどの川上犬が飼育されていました。大正10年には、全国的に純粋な和犬が減少する背景から、川上犬の保護が奨励され、信州柴犬として天然記念物に指定されました。以後、村内でも保存活動の気運が高まり、保存会が結成されました。

昭和になり、村で林業が盛んになると、猟に従事する者が減少して猟犬の需要も減っていきました。同時に川上村へも洋犬が流入し、川上犬の雑種化が進みました。さらに秋田犬などと同様に、第二次世界大戦中は軍部からの撲殺令により、また戦後は食糧難などの理由で村内の川上犬は、ほぼ全滅しました。

そのため1968年(昭和43年)には、天然記念物の指定が解除されてしまいました。

熱心な村民の努力により、頭数が回復し、1983年(昭和58年)には長野県の天然記念物に再指定されました。苦労を重ねての復活だけに、村民の保護育成に対する関心は高く、小学校児童による川上犬飼育などが行われました。

2006年の干支が戌であったことから、東京の上野動物園の干支展で、川上犬が多くの犬の中から代表として選ばれ、生後3ヶ月の子犬の三姉妹が公開展示されました。かつての戦争で、上野動物園の展示動物と同様に、撲殺された歴史を持つことが選出された理由にあり、マスコミでも取り上げられて、川上犬の知名度が全国的に広まりました。

現在でも子犬を譲り受けたいという申込が後を立たないほど人気の犬種となっています。

このワンちゃんの特徴は?
柴犬の一種とされ、立ち耳・巻き尾など共通の特徴を有しています。

被毛は、体表の剛毛は真直で太く光沢があり、綿毛は軟らかく密生しています。体の部位によって毛長に差違があります。毛色は赤柴・黒柴・白・赤です。

子犬でも-25℃以下にもなる村の厳しい冬の気候に耐えるほど寒さに対しては強いですが、夏場に高温多湿となる地域での飼育には向きません。

性格は活発で好奇心旺盛。そして警戒心も強く主人には忠実です。

このワンちゃんの飼育方法は?
警戒心が強いため番犬に向いています。主人のことを大切に考えて、添い遂げようとする従順さがあります。期待を裏切らないコミュニケーションをしっかりととれば、素晴らしい名犬に成長します。

スキンシップ不足などで信頼関係が失われると、神経質で攻撃的になることがあるので注意が必要です。

毎日の十分な運動が欠かせません。広い屋外で活発にゲームをして遊ばせたり、長めの散歩をさせたりしましょう。

1週間に1~2回ほどブラッシングをしてあげましょう。また、できるだけこまめにむだ毛を取り除いてあげてください。

このワンちゃんの基本情報は?

このワンちゃんの動画が見れるよ
[smartslider3 slider=93]

Posted by Dog-ZooCan.Com