カレリアン・ベア・ドッグ

動画

どんなワンちゃん?
カレリアン・ベア・ドッグ(Karelian Bear Dog)はフィンランドのカレリア地方原産の狩猟犬です。別名は「カレリアン・ベアハウンド(Karelian Bearhound)」、「カリアラン・カルフコイラ(Karjalankarhukoira)」などです。

ラッソ・ヨーロピアン・ライカは、これの兄弟種です。

このワンちゃんの歴史は?
カレリアン・ベア・ドッグは数世紀も前からカレリア地方にいた狩猟犬です。もともとは毛色にかなりバリエーションがありましたが、夜間や雪の中でもしっかりと見分けることができるよう、現在の白と黒の毛色に固定されました。

主に熊を狩るのに使われていました。狩猟は、単独もしくは小規模な群れで行います。まず主人について歩きながら獲物を探します。獲物を発見すると猛烈に吠え、主人に知らせてから獲物を走って追いかけ、噛み止めを行って獲物が逃げられないようにその場にとどめさせます。そこへ主人が駆けつけて猟銃で仕留め、狩猟が完了します。

熊の他にオオジカやイノシシ、エルクといった他の大型哺乳類の狩猟にも使われていました。

しかし近年では、フィンランドで大型の動物が減少していることもあり、小動物の狩りに活躍の場を移しています。

出身地が国境地帯であったため、1900年代になるとロシアとフィンランドで国境問題が起き、それに伴ってカレリアン・ベア・ドッグをどちらの国に所属させるかについて深く対立しました。最終的には両国でひとつの犬種を分断所持するという結果になったのです。

しかしその後、この犬種はそれぞれの国で別の種となっていきました。フィンランド側では純血を保ってカレリアン・ベア・ドッグのまま保存され、ロシア側では改良が加えられてラッソ・ヨーロピアン・ライカとして別犬種に発展していきました。

1945年に正式なスタンダードが設定され、同年にFCI(国際畜犬連盟)に公認犬種として登録されました。フィンランド以外の北欧各国でも人気があり、実用犬としてだけでなく、ペットやショードッグとしても飼育が行われています。原産地では一般的な犬種で、今でも多くが実猟犬として飼われています。

日本にもかつて輸入されたことがあり、北海道でヒグマによる被害が深刻化した際に熊退治を行いました。また軽井沢でツキノワグマの被害が多発した際にも、呼び寄せられたことがありました。

このワンちゃんの特徴は?
カレリアン・ベア・ドッグはスピッツタイプの犬種です。筋肉質の引き締まった体つきで、脚にもしっかりした筋肉がついています。口角が少し上がっているため、笑っているかのような表情です。耳は立ち耳、尾は巻き尾です。

被毛は厚いショートコートで、防寒性や防水性が高いです。毛色はブラック・アンド・ホワイトで、ブラックをメインカラーとしてマズル、ブレーズ、首、胸、腹部、前脚、後ろ足首、尾先が白くなっています。黒と白の割合などに差がありますが、他の毛色は認められていません。

性格は主人に忠実で家族に対しても友好的ですが、狩猟犬としての仕事柄から勇敢で自信があり、プライドも高いです。見知らぬ人や犬に対しては警戒心が非常に強く、時に攻撃的な態度も見せることがあります。

このワンちゃんの飼育方法は?
カレリアン・ベア・ドッグは家族には愛情を示しますが、見知らぬ人や他の犬などには攻撃的です。力強い猟犬種であるため、飼育の際にはしっかりとした服従訓練が必要ですが、自分がリーダーと認めた者にしか服従しません。狩猟犬として自分の判断で行動するの能力が高いので、自主的な行動を好むのです。飼い主が強いリーダーシップを持ち、一貫性のあるトレーニングを行う必要があるため、犬の飼育の初心者には難しいでしょう。

また優れた狩猟犬であるがゆえに、吠えることが多いので、都心部での飼育はかなり困難です。主に吠えるのは主人に物事や自分の気持ちを伝える時と、来客があった時です。来客があった時の吠えはしつけによってやめさせることができますが、主人に物事や自分の気持ちを伝えたい時の吠えはやめさせると言いたいことが言えなくなってしまい、ストレスが溜まってしまします。そのストレスで体調を崩したり、最悪の場合破壊行動に繋がってしまう事もあります。

家族に危機が迫ったと感じれば、命をかけて勇敢に立ち向かう犬種です。怖いもの知らずで熊に対してもひるむことは無く、このことからフィンランドではガードドッグとして使われることもあります。

運動量は多く、毎日長めの散歩などが必要です。

かかりやすい病気は関節系の疾患や皮膚疾患などがあります。

このワンちゃんの基本情報は?

このワンちゃんの動画が見れるよ
[smartslider3 slider=92]

Posted by Dog-ZooCan.Com