甲斐犬(かいけん)

動画

どんなワンちゃん?
甲斐犬(かいけん)は、山梨県原産の日本犬種です。

このワンちゃんの歴史は?
山梨県の山岳地帯にある甲斐地方で作出固定されました。別名は甲斐虎犬です。

主にイノシシやシカ狩りに用いられ、集団性に富み他犬種を近づけぬことから純血が保たれたと伝えられています。

1929年(昭和4年)に当時の甲府地検に赴任した安達太助が発見しました。安達太助は和犬愛護家であり、昭和の初めに日本犬の保存の機運が高まった背景もあって、この地方の虎毛・立耳の地犬の保存に努めることとなります。

安達太助は1931年(昭和6年)に「甲斐日本犬愛護会」を創立しました。そして芦安村(現南アルプス市)や奈良田村(現南巨摩郡早川町)に群生していた地犬を調査し、発見した地方に因んで「甲斐犬」と命名、保存活動を開始しました。

甲斐犬は1934年(昭和9年)に天然記念物の指定を受けています。

現在は番犬や家庭犬として広く飼育されています。また、山梨県のサッカーJリーグクラブ、ヴァンフォーレ甲府のマスコットや、山梨県の観光PRマスコットの『武田菱丸(通称ひし丸)』のモデルにも採用されています。

このワンちゃんの特徴は?
甲斐犬は日本の山岳地帯に住む犬の特性を有し、四肢頑健で飛節は発達しています。よく均整の取れた頑健な体躯の中型犬で、筋肉がよく発達しています。

耳はやや大きい立ち耳で、優れた聴力を有します。目はやや三角で瞳は葡萄色です。尾は「差し尾」または「巻き尾」です。また舌斑のあるのも多いです。

被毛は、上毛は硬い直毛、下毛は柔らかく密生しています。毛色は黒虎毛・虎毛(中虎毛)・赤虎毛です。

寒暖の差の大きい盆地風土に適しています。とても足が速く、疾走する様はあたかも弾丸のようです。岩場に適応しており、垂直に飛び上がる力に優れています。また、日本犬の中でも、最も日本狼(ニホンオオカミ)の風貌に似ており、特に耳の形は、日本狼の姿を彷彿とさせます。

このワンちゃんの飼育方法は?
甲斐犬は飼い主以外の人間には心を開かず、唯一人の飼い主に一生忠誠をつくすことから一代一主の犬と言われています。

家庭犬・番犬・猟犬として飼育されており、臭い、毛抜けは気にならないので室内でも飼えます。用便をかねて散歩が必要です。暑さ寒さにも強いです。

性格がきつくて頑固なので他人や他犬とフレンドリーになるようなしつけが大切です。非常に知性が高いのですが、飼い主以外からの訓練は受け入れないことが多いです。

生後50日前後まで充分に親や兄弟犬と接した体験が必要であると言われています。充分でないと後に臆病になったり、犬同士のコミニュケーションが下手になってしまいます。

手入れは、日常的なブラッシング程度で、シャンプーもそれほど必要としませんが、換毛期には入念にブラッシングして、死毛をしっかり取り除いて、皮膚病を予防しましょう。

このワンちゃんの基本情報は?
名前 甲斐犬(かいけん) Kai dog
キャッチコピー ご主人だけに仕える虎毛の忠犬
原産国 日本(山梨県)
大きさ 中型犬
体高 オス47~53cm メス42~48cm
体重 16~18kg
被毛&毛色 被毛は、上毛は硬い直毛、下毛は柔らかく密生しています。毛色は「黒虎毛」、「虎毛(中虎毛)」、「赤虎毛」です。
性格 主人にとても忠実な性格です。
かかりやすい病気 アレルギー
運動量 普通(速足で30分×2)。
お手入れ 日常的なブラッシング程度で、シャンプーもそれほど必要としませんが、換毛期には入念にブラッシングしましょう。

このワンちゃんの動画が見れるよ
[smartslider3 slider=84]

Posted by Dog-ZooCan.Com