オーストリアン・ブラック・アンド・タン・ハウンド

動画

どんなワンちゃん?
オーストリアン・ブラック・アンド・タン・ハウンド(Austrian Black and Tan Hound)は、オーストリア原産のセントハウンド(嗅覚猟犬)です。別名で「オーストリアン・ブランドル・ブラッケ(Austrian Brandl Bracke)」、『4つの目』を意味する「フィアオイグル」などと呼ばれることもあります。

このワンちゃんの歴史は?
オーストリアン・ブラック・アンド・タン・ハウンドは、古代ケルト族が連れていたケルティック・ハウンドの子孫だと考えられています。若干スイスのブルーノ・ジュラ・ハウンド(Bruno Jura Hound)の血が入っていますが、当時の姿を残し続けていると言われています。

主に猟犬として活躍してきた犬種ですが、そのほかの作業もこなす多彩な犬種です。

猟犬としてはパック(複数)もしくは単独で野ウサギを狩っていました。野ウサギの臭いを追跡し、発見すると自ら迅速に仕留め、主人のもとへ持ち帰ります。

そのほか、険しい山岳地帯での猟や水中での運搬作業、害虫駆除などにも能力を発揮しました。

西暦1500年ごろには神聖ローマ帝国の皇帝であるマクシミリアン1世にも能力を評価され、飼育されていました。しかし、このあと19世紀の中頃までの詳しい資料が現存せず、その間本種に何があったのかはわかっていません。

もともと頭数が少なく、原産国オーストリア国外では希少な犬種です。FCI(国際畜犬連盟)に公認犬種として登録されているため国際的にやや知られていますが、オーストリア国外ではほとんど飼育されていません。オーストリアでは実用犬として活躍しているものが多いです。

このワンちゃんの特徴は?
オーストリアン・ブラック・アンド・タン・ハウンドは筋肉質の引き締まった体つきをしていて、脚は長く走るのが速いです。頭部の形はケルト系セントハウンドのもので、マズルは長めで先細りです。首も少し長いが、体の均等が取れています。耳は垂れ耳、尾は飾り毛のない垂れ尾です。

被毛はスムースコートで、毛色はその名の通りのブラック・アンド・タンです。稀にブルー・アンド・タンやイザベラ(栗毛色)・アンド・タンの子犬も生まれますが、スタンダード外のため血統書は発行してもらえません。

性格は活発で従順、愛情深いです。

足が速く、よく通る声と優れた嗅覚を持ち、猟に際して迅速な追跡を可能にしています。身体能力も高く足腰が丈夫で、起伏の激しい土地でも駆け回ることができます。さらに泳ぐことも得意です。

このワンちゃんの飼育方法は?
この犬種は元気に溢れ、飼い主家族にも愛情をもって接します。

しつけの飲み込みは普通ですが状況判断力に優れ、頭の回転が速いです。家庭犬として飼育することもできますが、吠え声は大きく、運動量が豊富なため、都会での飼育は難しいでしょう。広いスペースで、自由運動ができるような環境が理想的です。

体を覆う被毛の手入れに手間はかかりませんが、垂れ耳なので、耳の中にたまりやすい汚れを定期的に掃除して清潔に保つ必要があります。

このワンちゃんの基本情報は?
名前 オーストリアン・ブラック・アンド・タン・ハウンド Austrian Black and Tan Hound
キャッチコピー オーストリアにしかいない猟犬
原産国 オーストリア
大型犬
体高 50~56cm 48~54cm
体重 18~22kg
被毛&毛色 被毛はスムースコートで、毛色は「ブラック・アンド・タン」です。
性格 活発で、飼い主に従順で愛情深い性格です。
かかりやすい病気 耳疾患
運動量 普通 (速足で60分×2) 。
お手入れ 体を覆う被毛の手入れに手間はかかりませんが、垂れ耳なので、耳の中にたまりやすい汚れを定期的に掃除して清潔に保つ必要があります。

このワンちゃんの動画が見れるよ
[smartslider3 slider=77]

Posted by Dog-ZooCan.Com