エストレラ・マウンテン・ドッグ

動画

どんなワンちゃん?
エストレラ・マウンテン・ドッグ(Estrela Mountain Dog)は、ポルトガル原産の護畜用犬種です。ポルトガルでは『エストレラ山脈の犬』という意味の「カオ・ダ・セーラ・ダ・エストレーラ」と呼ばれています。

このワンちゃんの歴史は?
ポルトガル原産の犬種としては最古のもののひとつで、およそ6世紀ごろには既に犬種として存在していたのではないかとも言われています。ポルトガル北部のエストレラ山脈で、羊を狼から守る護畜犬として作り出された犬種で、狼と戦っても勝てるようにより力強く、より大きい犬を目指して改良が加えられました。

長い間羊飼いのみによって飼育されていましたが、19世紀ごろになるとポルトガルの貴族に勇敢な性格と容姿の良さを気に入られ、ペット兼屋敷の番犬としても飼われるようになりました。ここでは非常に大切に飼育され、牛フィレ肉のソテーやスープ、ワインなどといった贅沢なえさを与えられていました。これによりエストレラ・マウンテン・ドッグの体格は更に良くなり、現在の体高・体重のスタンダード(犬種基準)は羊飼いに飼育されていた方ではなく、この貴族によって飼育されていた方の平均値が採用されました。

19世紀の後半になると牧羊の縮小や2度の世界大戦により、羊飼いに飼育されていたものは絶滅の危機にさらされました。しかし、貴族によって飼われていた方は多くが国外に持ち出されて疎開し、種としての絶滅の危機を乗り越え、ポルトガル国内の動乱期も生き残ることができました。

現在もポルトガルだけでなく、ヨーロッパやアメリカなどで人気の高い犬種の一つで、警戒心の高さや実用性などから警察犬や軍用犬としても採用されています。大半は牧羊犬、番犬、ショードッグとして飼われていて、ペットとして飼われているものは稀です。

このワンちゃんの特徴は?
マスティフ・タイプのモロシア犬で、筋肉隆々の骨太でがっしりとした体格をしています。目は小さく、眼光は鋭いです。脚は長く太く、力が強いです。頭部は大きめで、マズルは短く、アゴの力も強靭です。喉の下にはデューラップというたるみが少しあります。耳は垂れ耳で、尾はふさふさした垂れ尾です。

被毛は短くさらりとしたショートコートタイプのものと、長く豊かな毛を持つロングコートタイプのものがいます。ロングコートタイプのものは、特にタテガミが長く発達しています。このタテガミは本来見た目をよくするために発達したものではなく、寒い所で首から熱が発散してしまうのを防いだり、狼に噛まれても急所である首にかかるダメージが軽減されるように発達したものです。どちらのコートタイプのものもダブルコートで毛の密度が高く、寒さにかなり強いです。毛色はイエローを基調としてものが中心で、フォーン、ブリンドル、ウルフといった色のいずれかが混じったものや、イエローの単色で部位により濃淡があるものなどがあります。単色であれ複合色であれ、顔・耳には必ずブラックマスクが入ります。

性格は主人に忠実だが、警察犬や警備犬、軍用犬にも採用されているように、勇猛果敢で警戒心が強いです。飼い主の財産である家畜たちを守っている、忠実なガードドッグで、どんな侵入者にとっても手強い相手です。

このワンちゃんの飼育方法は?
友好性はあまり高くなく、しっかりとした訓練を行わなければ、飼育は難しい犬種です。訓練が成功すれば、家族に対して心優しい一面を更に引き出すことも可能です。学習能力もあるので、飼い主が強いリーダーシップの下、社会性を学ばせながらトレーニングをすることにより、飼い主家族だけでなく猫などの他のペットとも仲良く暮らす事ができます。

運動量は多めですが、体重が重く腰に負担がかかりやすいので、激しい運動は避けるべきでしょう。かかりやすい病気は大型犬でありがちな股関節形成不全です。

このワンちゃんの基本情報は?
名前
キャッチコピー
原産国
大型犬
体高
体重
被毛&毛色
性格
かかりやすい病気
運動量
お手入れ

このワンちゃんの動画が見れるよ
[smartslider3 slider=76]

Posted by Dog-ZooCan.Com