ウェルシュ・テリア

動画

どんなワンちゃん?
ウェルシュ・テリア(Welsh Terrier)は、ウェールズ地方原産のテリア犬です。

このワンちゃんの歴史は?
ウェルシュ・テリアは、2種類しかいないウェールズ生まれのテリアのひとつで、18~19世紀にイギリスで人気だったオールド・ブラック・アンド・タン・ラフ・テリアの子孫に当たると考えられています。

1700年代末には、「アニスフォー」という名前で知られる独特の血統種が、北ウェールズでカワウソをしとめる狩猟犬として発展していました。ちょうどその頃、この狩猟犬によく似たオールド・イングリッシュ・ブロークンヘアード・テリアという犬が、イングランド北部で誕生していました。

この2つの犬種はあまりにもよく似ていたので、ショーに参加した際、競っていたのが同じ犬種だったり、ふたつの犬種を同じ犬種に分類したりとかなりの混乱が巻き起こりました。その後、この2種類の犬は、その起源の違いに関係なく、ウェルシュ・テリアという名前の犬種として知られるようになり、カワウソ狩りやキツネ狩り、アナグマ狩りに使われる狩猟犬として同じ歴史を歩むことになりました。

1886年には、EKC(イングリッシュ・ケネル・クラブ)がこの犬を犬種として認定します。

初期の頃のこの犬種は、ショーに参加するにはまだまだ粗野で荒削りだったため、繁殖家たちは掛け合わせる犬種を慎重に選びました。そうして、独特の特徴を持ったワイアー・フォックス・テリアと掛け合わせることで、ウェルシュ・テリアの血統を改良しようという試みがなされました。その結果、ウェルシュ・テリアは、小型のエアデール・テリアのような外貌となりました。

今なお、原産地ウェールズ地方では、ウェルシュ・テリアはキツネやアナグマ、カワウソ狩りに使われています。また良き家庭犬としての人気も高いです。

このワンちゃんの特徴は?
この犬種は、横から見ると四角形に近い胴体を持ち、コンパクトで頑丈な体格をしています。長い距離を目を見張るようなスピードで走り続け、獲物を狙って跳びかかり、しとめるといった狩猟能力に長けています。

被毛は短く硬い巻き毛が全身を覆い、柔らかな下毛と、針金のように硬くて密生した上毛の二層構造になっています。毛色はブラック&タン、或いはブラック・グリズル&タンです。指趾のブラックの線(ペンシリング)や飛節より下にブラックが入っているものは極めて好ましくないとされています。

自信に満ち溢れた表情には、いつも警戒心を怠らない、鋭いまなざしをたたえています。

近縁のエアデール・テリアにに比べ、やや小柄です。

もとウェールズで古くから家畜の番などに使役されていた犬種で、第一次世界大戦後の品種改良ブームで現在の品種に固定された。

現在のウェルシュ・テリアは実用犬だったころより遥かに容姿が優れ、主に愛玩犬として飼育されている。

このワンちゃんの飼育方法は?
ウェルシュ・テリアは、他の多くのテリアよりも穏やかな性質を持った行儀のよい犬ですが、やはり遊び好き・いたずら好きなところは共通しています。さまざまな騒動を起こして飼い主を飽きさせず、常に楽しませてくれますが、室内犬としても十分飼えるほど落ち着いたところもあります。また、独立心が旺盛で、探究心が強く、感受性の強い性格をしています。

見知らぬ人には距離を置いて接する傾向があり、狩りをしようとする本能が強いので、他の犬やペットには攻撃的になることもあります。また、たまに地面を掘ったり吠えたりする犬もいます。

毎日、リードをつけて散歩をさせたり、活発に動けるような遊びをさせたりすることが必要です。リードをはずして遊ばせる場合は、必ず他の動物がいない、安全な場所を選んでください。

天気のよい暖かい時期には屋外で過ごさせることができますが、寒い季節は室内で過ごさせるのがベストです。特に寝床は室内に用意してあげてください。室内と庭の間を自由に行き来できる環境をつくってあげるのが理想的です。

針金のように硬い被毛は、週に2~3回コーミングをしたうえで、3カ月に1回はトリミングをし、むだ毛も取り除いてあげましょう。ショーに出すのであれば手で丁寧にむだ毛を取り除く「ストリッピング」が必要ですが、ショーに出さないのであればバリカンやはさみなどで取り除く「クリッピング」で十分です。

また、耳を形よく整えるのであれば、子犬の頃から耳の手入れをこまめにすることが必要です。

このワンちゃんの基本情報は?
名前
キャッチコピー
原産国
中型犬
体高
体重
被毛&毛色
性格
かかりやすい病気
運動量
お手入れ

このワンちゃんの動画が見れるよ
[smartslider3 slider=65]

Posted by Dog-ZooCan.Com