ウェルシュ・スプリンガー・スパニエル

動画

どんなワンちゃん?
ウェルシュ・スプリンガー・スパニエル(Welsh Springer Spaniel)は、イギリスのウェールズ原産のスパニエル犬種です。

このワンちゃんの歴史は?
ウェルシュ・スプリンガー・スパニエルの祖先犬は、イングリッシュ・スプリンガー・スパニエルやコッカー・スパニエルと同じと考えられています。この犬種の歴史は古く、人間が犬を狩猟の友とし始めた石器時代からウェールズ、アイルランド、スコットランドで人類と共に狩猟の旅をしていたと言われています。

約1300年頃のウェールズ地方の法令のなかに、ウェルシュ・スプリンガー・スパニエルと思われる犬のことが書かれています。この犬が、現在のウェルシュ・スプリンガー・スパニエルの祖先犬なのかどうかは、現在も議論されているところです。また、ほかにも、この犬種がイングリッシュ・スプリンガー・スパニエルと時を同じくして発達していったとする説や、イングリッシュ・スプリンガー・スパニエルとクランバー・スパニエルとの交配から発達していったという説も存在しています。

ウェルシュ・スプリンガー・スパニエルがひとつの犬種として登場する以前から、ウェールズには陸上での猟に使われたランド・スパニエルが存在していましたが、その頃のスパニエルたちはそれほど均一化されたものではなかったようです。

19世紀の終りまでこの犬種は「ウェルシュ・コッカー」と呼ばれていましたが、1902年に、スプリンギングに優れていることからちなみ改称されました。

スプリンギングとは犬が獲物を隠れ場所から飛び立たせたり、追い出したりすることです。銃のない時代からカスミ網や鷹を使った猟法において役立ってきました。

イギリスでドッグショーが行われ始めた頃は、イングリッシュ・スプリンガー・スパニエルとウェルシュ・スプリンガー・スパニエルは、被毛の色以外にこれといった違いがなかったこともあり、同じ犬種として扱われていました。その後、ウェルシュ・スプリンガー・スパニエルの方がどんどん人気を上げていき、アメリカに渡って1906年にAKC(アメリカンケネルクラブ)の認定を受けます。

このワンちゃんの特徴は?
ウェルシュ・スプリンガー・スパニエルは、体高より体長がやや長く、がっしりした筋肉質の体型をしており、均整のとれた外観をしています。力強い足取りで、地面をしっかりと踏みしめながら歩きます。

被毛は体に沿ってまっすぐはえており、水や悪天候、トゲなどから体を守り、長さは狩り場で鳥を飛び立たせる際に邪魔にならない程度となっています。毛色は濃いレッド&ホワイトです。

たいへん古くから純粋性を保った犬種で、頑丈で活動的です。優しい性格で攻撃的であったり、神経質ではありません。

ウォータードッグとしての性能もきわめて高く、陸上でも水中でもエネルギッシュに獲物を追いかけて、持ち帰ってくることができる万能の狩猟犬です。

このワンちゃんの飼育方法は?
ウェルシュ・スプリンガー・スパニエルは常に穏やかで優しい表情をしています。それでいて遊ぶときには熱狂的になります。何にでも好奇心を抱き、楽しそうに走り回ります。イングリッシュ・スプリンガーによく似ていて、ヨーロッパでは負けないくらいの人気があります。日本でも家庭犬として迎えられているので、都会での飼育も、運動さえこなせればやっていけます。狩り場やフィールド競技などでは、ほれぼれするほど俊敏・スタミナ抜群に動き回りその能力を十分に発揮してくれます。

毎日運動をさせる必要があります。長めの散歩や活発な遊びなどを取り入れるとよいでしょう。広場で走り回らせたり、ハイキングに一緒に連れていったりすると喜んで遊びます。

温暖な地域で温かい寝床を用意してあげれば屋外で飼うこともできますが、できれば室内で家族と共に過ごさせるほうがよいでしょう。

被毛には1週間に1~2回程度ブラッシングをし、時々ハサミで毛を刈ってあげてください。

このワンちゃんの基本情報は?
名前
キャッチコピー
原産国
中型犬
体高
体重
被毛&毛色
性格
かかりやすい病気
運動量
お手入れ

このワンちゃんの動画が見れるよ
[smartslider3 slider=64]

Posted by Dog-ZooCan.Com