ウエスト・シベリアン・ライカ

動画

どんなワンちゃん?
ウエスト・シベリアン・ライカ(West Siberian Laika)は、ロシアの西シベリア原産のライカ犬種のひとつです。ライカ犬種の中で最も一般的に飼われている犬種です。主に猟犬として使われ、そり引きや番犬としても使われてきました。 

このワンちゃんの歴史は?
ウエスト・シベリアン・ライカは古くから存在していた犬種で、北ウラル地方と西シベリア地方の古いライカ犬がルーツです。

猟犬として活躍し、狩る動物はエルク、ヘラジカ、イノシシ、オオヤマネコ、クマ、クロテン、オコジョなど様々です。単独もしくは小数で獲物のにおいを追跡し、発見すると吠えて主人に知らせ、自ら狩りに行って獲物を仕留めます。犬だけでは倒せない場合は主人が猟銃で仕留めますが、ウエスト・シベリアン・ライカは力が強いので犬だけでクマを倒すこともできます。

この他、主人や獲物を運ぶためにそり引きをしたり、侵入者から家を守る番犬としても使われました。

1900年代ごろから先住民の伝統的な生活が変化し、これに伴ってウエスト・シベリアン・ライカの役割も減って需要が激減し、絶滅の危機に陥りました。また他の多くのライカ犬種は同じ理由で受難の時を迎え、いくつかのライカ犬種は絶滅してしまいました。

ライカ犬種を絶滅から守るため、1920年代ごろに各ライカ犬種の保護活動が開始されました。各種保護活動はロシアの首都であるモスクワを中心として行われ、そこに多くの犬が集められて純粋繁殖が進められました。その結果ウエスト・シベリアン・ライカも頭数を回復させることができ、絶滅の危機を脱することができました。

現在はFCI(国際畜犬連盟)にも公認登録され、ライカ犬種としては世界で最も人気のある犬種になっています。ロシアやその周辺国では人気があり、ペットやショードッグ、実猟犬などとして幅広く飼育されています。しかし、そのほかの国ではあまり飼育されておらず、知名度も非常に低くなっています。

このワンちゃんの特徴は?
日本犬のようなスピッツタイプの犬種です。その容姿はオオカミに似ており野生的な風貌をしています。名前の似ているイースト・シベリアン・ライカとはサイズや体格などが違い、別の犬種です。

首が太く筋肉質の体つきをしていて、脚は長めで、力が強いです。耳は小さめの立ち耳で、尾は巻き尾かふさふさした垂れ尾です。

被毛はイースト種と同じ二重構造になっていますが、上毛はさらりとしたもののみです。寒さに非常に強いですが、暑さにはめっぽう弱いです。毛色はフォーンがかった茶色やグリズルなどがあります。

このワンちゃんの飼育方法は?
ウエスト・シベリアン・ライカは飼い主やその家族に対してはとても穏やかで友好的です。また、家族以外には懐きにくく、不審な物音や人影に対しての警戒心は強いので番犬としても優秀です。

ライカ犬種であるため、よく吠えます。しかし、よく吠えるのは神経質なのではなく、主人や家族に自分の気持ちを伝えるためで、人間の会話と同じような役割があります。吠えるのをやめさせることはできますが、ライカ以外の犬種とは違い、物言えぬことからストレスがたまって破壊行動につながるため注意が必要です。

また、狩猟犬として活躍していたウエスト・シベリアン・ライカの運動量は膨大です。リードをつけて散歩をするだけでは十分な運動とは言えません。リードなしで自由に走り回れる環境が近くにあるとよいでしょう。

このため飼育の際には、吠え声と運動量、また暑さに弱いことを考慮する必要があります。かかりやすい病気は関節疾患や、地肌が湿気で蒸れておこる皮膚炎などです。

このワンちゃんの基本情報は?
名前
キャッチコピー
原産国
大型犬
体高
体重
被毛&毛色
性格
かかりやすい病気
運動量

このワンちゃんの動画が見れるよ
[smartslider3 slider=59]

Posted by Dog-ZooCan.Com