イングリッシュ・ポインター

動画

どんなワンちゃん?
イングリッシュ・ポインター(English Pointer)は、イギリス原産のポインター犬種です。鳥猟において鳥の居場所を見つけて猟師に教える役目を担っていました。「ポインター」の名は「ポイントと呼ばれる獲物を発見した時に姿勢を低くして前足を片方上げるポーズ」が由来です。 

このワンちゃんの歴史は?
イングリッシュ・ポインターの祖先は、16世紀初めにイベリア半島からやってきた犬です。その後、他のポインターなどとも交配され、イギリスを代表する猟犬となりました。

17世紀頃の初期のポインターは、優秀なグレーハウンドやフォックスハウンド、ブラッドハウンド、そして狩猟に使われていた古いタイプのスパニエル系などと交配されたと考えられています。

その頃のポインターは、野ウサギの居場所を示させるために使われ、獲物をしとめるためにはグレー・ハウンドが使われていました。

18世紀に入ると、飛んでいる鳥を銃で打ち落とすという狩猟が人々の間で人気を集め始めたため、ポインターは鳥類を見つけるのに卓越した能力を発揮することになります。獲物となる鳥の居場所を見つけて猟師に教え、猟師が鳥を撃ち落とす準備ができるまでじっと待っていられるのが理想的なポインターの条件でした。この時代には火打ち石銃が使われていたため、鳥を打ち落とすまでにはかなりの時間がかかり、その間じっとしているのは簡単なことではありませんでした。

その後、19世紀になって自動装填式の銃が登場し、同時に、獲物を捕まえるよりも、もっと訓練しやすいよりよい性質の犬を目指して、優秀なセッターとの交配が行われました。

広大な邸宅の土地や大農園などを使った狩猟は娯楽として人気が高まり、ポインターの人気もそれにつれて上昇し、特に2頭のポインターを使って、鳥の位置を正確に突き止めるというのが猟師にとって理想的な狩猟スタイルとなりました。

ドッグショーが流行となった19世紀後半には、ポインターはもっとも際立って注目された犬種のひとつでした。

現在では、家庭でのペットとしては他のスポーティング・グループほど人気は高くはありませんが、競技犬や狩猟犬として愛好家からの支持を集めています。

このワンちゃんの特徴は?
イングリッシュ・ポインターは均整がとれ、全体的に頑丈な体格であり、アウトラインは一続きの優雅なカーブを描く。力強いが、しなやかな外観を呈しています。

被毛は光沢のある短毛です。毛色は通常、レモン&ホワイト、オレンジ&ホワイト、レバー&ホワイト及びブラック&ホワイトである。単色(セルフカラー)及びトライカラー(3色)も認められます。

嗅覚も優れていて、何かを発見した時に取る、姿勢を低くして前足を片方上げるポイントと呼ばれるポーズは、鳥猟犬の中でもとりわけ華麗で美しいです。

このワンちゃんの飼育方法は?
この犬種はいつも誰かと遊ぼうと待ち構えているくらい、とにかく楽しく遊ぶことが大好きです。一緒にとことん遊んでくれる人なら、すぐに心を許して、なついていく天真爛漫な犬です。とても従順で、主人の命令にはよく従い、機敏に行動します。

最低でも毎日1時間の激しい運動が必要です。定期的に狩猟などを行う機会を設けるのが理想的ですが、できない場合は、郊外などに遠出をして、自然の中で思いきり走り回ったり散策したりする機会を与えてあげるとよいでしょう。家では庭などで運動できるようなスペースを設けるのが理想的です。

温暖の地域から暖かい地域でなら、柔らかい寝床と暖かい犬小屋があれば屋外でも飼育できます。しかし、家族や他の犬と交流したい犬なので、家族と共に過ごさせるのがよいでしょう。

被毛の手入れは、時々ブラッシングでむだ毛を取り除く程度で十分でしょう。

このワンちゃんの基本情報は?
名前
キャッチコピー
原産国
大型犬
体高
体重
被毛&毛色
性格
かかりやすい病気
運動量
お手入れ

このワンちゃんの動画が見れるよ
[smartslider3 slider=57]

Posted by Dog-ZooCan.Com