イタリアン・グレーハウンド

動画

どんなワンちゃん?
イタリアン・グレーハウンド(Italian Greyhound)はイタリア原産の小型の犬種です。グレーハウンド系犬種の中で最も小型です。イタリア名は「ピッコロ・レヴリエロ・イタリアーノ(Piccolo levriero italiano)」で、ピッコロは『小さい』という意味です。

このワンちゃんの歴史は?
イタリアン・グレーハウンドは、何世紀にも渡って存在していましたが、いつ、どこでこの小型化されたグレーハウンドに発展していったのかは明白にわかっていません。

紀元前数千年の昔から、ギリシャ、トルコあたりの地中海沿岸にいたとも言われており、西暦79年の火山の噴火で滅亡した古代ローマの都市ポンペイの遺跡から鎖に繋がれたこの犬の化石が発見されました。

中世頃には南ヨーロッパ中で飼われるようになり、特にイタリアの王室に大切にされていました。16世紀の王侯貴族の肖像画に頻繁に描かれています。

イギリスにはチューダー朝時代に渡り、チャールズ1世やアン王女、ビクトリア女王などにも愛されたことで知られています。その後イギリスなどの貿易国を通じて世界各国に輸出されました。

その後、頭数はだんだんと減少していきます。理由のひとつとしては、サイズを小さくするためだけを目的とした交配が繰り返され、犬の健康への配慮を度外視していたことが考えられます。

1800年代にアメリカに持ち込まれており、その数は少数だったものの血統は良質なものでした。第二次大戦後、イタリアン・グレーハウンドがヨーロッパで絶滅の危機に陥った時、アメリカから良血犬がイギリスに逆輸出されて再生を果たしました。その後、この犬種の人気は徐々に上昇し、再び高い人気を誇るようになりました。

このワンちゃんの特徴は?
グレーハウンドとイタリアン・グレーハウンドは極めて近い親戚関係にあり、互いによく似ていますが、サイズ以外にも特質や歩様で異なる部分があります。

美しい曲線的なラインの腰と、バランスのとれたアンギュレーション(結合している角度)をした後肢を持ち、前肢を高く上げてから踏み下ろす歩き方でのびのびと動きます。

イタリアン・グレーハウンドの短い被毛はつややかで、サテンのように輝いています。

優雅で気品ある身のこなしが特徴的で、グレーハウンドと同じように、ダブルサスペンションギャロップ(前脚と後脚を揃えて動かし、背中を使って走る歩様)を使って最速のスピードで走ることができます。

このワンちゃんの飼育方法は?
イタリアン・グレーハウンドはサイトハウンド(視覚獣猟犬)の特質を持ち合わせ、走り回ったり何かを追いかけたりすることを好みます。優しく穏やかな性格ですが、警戒心が強くて怖がりな面があります。見知らぬ人に対しては距離を置いて近づこうとしません。家族に対しては忠実で献身的に接します。

また、子供や他の犬やペットとも仲よくできる犬種です。あまりにもおとなしいので、乱暴な犬や子供に怪我を負わされる場合さえあります。

イタリアン・グレーハウンドは寒さに弱く、冬に外出する際は洋服が必須です。

毎日の運動としては、室内を歩かせたり、ゲームなどで遊ばせたりした方がよいでしょう。また、自由に走り回らせても喜びます。まるで跳びはねるように軽やかに走る姿は、可憐で美しいです。しかし、この瞬発力と臆病な性格が災いして、驚いてパニックになると、高い所から飛び降りたり、垂直な壁に駆け上がろうとするなどの無茶をして、脚や尻尾の骨折などの大怪我の原因になることも多いので注意が必要です。

また、吠えることもほとんどないので、集合住宅をはじめどんな住環境でも、気兼ねなく飼える犬種です。しかし屋外での飼育はあまりおすすめしません。

この犬は体臭がなく、抜け毛もほとんどないので、毎日の手入れにはあまり気を遣う必要がありません。時々ブラッシングをして抜け毛を取り除く程度で十分です。歯を定期的に磨いてあげると良いでしょう。

このワンちゃんの基本情報は?
名前
キャッチコピー
原産国
キャッチコピー
体高
体重
被毛&毛色
性格
かかりやすい病気
運動量
お手入れ

このワンちゃんの動画が見れるよ
[smartslider3 slider=48]

Posted by Dog-ZooCan.Com