人気の記事

カオ・デ・カストロ・ラボレイロ

この記事は約2分23秒で読めます

カオ・デ・カストロ・ラボレイロ

動画

どんなワンちゃん?
カオ・デ・カストロ・ラボレイロ(Cao de Castro Laboreiro)は、ポルトガル北部のカストロ・ラボレイロ村原産の護畜犬種です。別名は「ラボレイロ・ウォッチ・ドッグ(Laboreiro Watch Dog)」、「ポヂュギース・キャトル・ドッグ(Potuguese Cattle Dog)」、「ベルジェール・カストロ・ラボレイロ(Berger Castro Laboreiro)」などです。

このワンちゃんの歴史は?
カオ・デ・カストロ・ラボレイロは、イベリア半島で最も古い犬種の一つとされています。主に牛を熊やオオカミ、家畜泥棒から守るために使われていました。原産地には現在でもオオカミが生息しています。

はっきりとした生い立ちは分かっていませんが、1800年代ごろにエストレラ・マウンテン・ドッグなどの護畜犬種がもととなって誕生したといわれています。

1900年代になると牛に危害を与える野獣の減少や牧牛の減少などにより仕事を失い、本種の数も減少していきました。中には捨てられてしまう犬もおり、野生化したラボレイロによるトラブルが発生してしまいました。

しかし、これを憂慮した愛好家は、仕事を失ったラボレイロを牛飼いから譲り受けたり、野生化したものを保護することによって問題を沈静化させました。

また、失った護畜犬としての仕事の代わりに、ショードッグとしてドッグショーに出場させるという仕事が与えられた。結果、頭数と人気は少しずつだが回復してゆき、絶滅を免れることができました。

近年はショードッグとしてだけでなく、本来の仕事である護畜犬としての能力の優秀さが見直され、ポルトガル国内で広く再使役されるようになりました。FCI(国際畜犬連盟)にも公認犬種として登録され、原産国外でも飼育が行われています。他犬種に比べるとその人気は低めですが、原産国内での人気は根強く、多く飼育が行われています。

このワンちゃんの特徴は?
カオ・デ・カストロ・ラボレイロは、筋肉質で引き締まった体つきをしています。脚はすらりと長く、他の護畜犬種に比べるとかなりスリムな体格をしています。これは攻撃力よりも俊足さを重視し、より足の速い犬種にするために改良されたことに由来します。グレイハウンドには及ばないものの、かなり走るのが早いです。先細りのマズルを持ち、あごの力はやや強いです。目は小さめで、瞳の色は琥珀色です。首は長く、細めです。耳は垂れ耳、尾は飾り毛の少ない垂れ尾です。

被毛は硬めのショートコートで、毛色はジェット・ブラック(漆黒)、ブラック・ブリンドルの単色、或いはそのいずれかにホワイトのパッチが入ったものがあります。

性格は温和で従順、平和主義の心を持ちますが、護畜犬としての性格から警戒心が強く、いざという時には勇敢になります。しかし不審者を見つけるとすぐに攻撃するのではなく、まずは不思議な声で激しく吠え立てて威嚇を行います。それでも不審者が逃げないときには命を懸けて勇敢に攻撃します。この不思議な声はよく響き、「低音から高音まで揚げて出す」などと表現されます。

また、ある程度の牛の管理も行うことができ、言う事を聞かない牛を群れの中に戻すことができました。

このワンちゃんの飼育方法は?
カオ・デ・カストロ・ラボレイロの性格は、見知らぬ人に対してはやはり警戒心が強いですが、主人家族が仲良く接している人に対しては友好的です。本来は穏やかで平和を好む犬なので、その気質を十分に引き出すために、飼い主が強いリーダーシップをもって接するとよいでしょう。幼い頃から愛情と厳しさを持って接し、コミュニケーションを密にとる事が重要です。一貫性のないトレーニングでは言うことを聞かないので注意しましょう。しつけの飲み込みは普通ですが、敏感で状況判断力が優れています。初心者には難しい犬種といえます。

この犬は、性格が優しいため原産地などではペットとしてもよく飼育されていますが、運動量が非常に多く、吠え声がよく響くので都心での飼育には不向きです。

このワンちゃんの基本情報は?
名前 カオ・デ・カストロ・ラボレイロ Cao de Castro Laboreiro
キャッチコピー オカミから牛を守る勇敢な犬!
原産国 ポルトガル
大きさ 大型犬
体高 オス55~60cm メス52~57cm
体重 オス30~40kg メス20~30kg
被毛&毛色 被毛は硬めのショートコートで、毛色は「ジェット・ブラック(漆黒)」、「ブラック・ブリンドル」の単色、或いはそのいずれかに「ホワイト」のパッチが入っています。
性格 警戒心が強く、勇敢な性格です。
かかりやすい病気 皮膚病
運動量 多い (自転車で60分×2) 。
お手入れ 最低限で良いです。

このワンちゃんの動画が見れるよ

Play
Play
Play
Play
Play
Play
Play
previous arrow
next arrow
ArrowArrow
Shadow
Slider

関連記事

  1. シラー・シュトーヴァレ
  2. セルビアン・トライカラー・ハウンド
  3. コーカシアン・シープドッグ
  4. カナリアン・ハウンド
  5. イタリアン・ポインティング・ドッグ
  6. ジャーマン・ショートヘアード・ポインター

コメントをお待ちしております

HTMLタグはご利用いただけません。

CAPTCHA


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

広 告



Translate this web site

広 告

このサイトについて

ようこそ!!「Dog-ZooCan.Com」へ。『犬と楽しく暮らす』を大切にこのホームぺジを作っています。
まだまだ、未熟ですがよろしくお願いします。


広 告

広 告



フェイスブック

カテゴリー

お気に入りの動画♪

※※※再生ボタンをクリックすると再生と 同時に音が流れますのでご注意下さい※※※
殺処分ゼロ わたしたちと同じ命あるもの 殺さないでください。。。.wmv
 
「かわいい犬」初めて人間の赤ちゃんに会った犬の反応が超面白い
 
最高におもしろ犬と赤ちゃん 謎の会話動画特集・どっちも可愛すぎる
 
Artistic Irish Terrier Pups | Too Cute!

広 告

広 告