人気の記事

イースト・シベリアン・ライカ

この記事は約3分3秒で読めます

イースト・シベリアン・ライカ

動画

どんなワンちゃん?
イースト・シベリアン・ライカ(East Siberian Laika)は、ロシアの東シベリア原産のライカ犬種のひとつです。別名は「ヴォストーチノ・シビールスカヤ・ライカ(Vostochno Sibirskaja Laika)」です。 

このワンちゃんの歴史は?
イースト・シベリアン・ライカはかなり古くから存在していた犬種で、西欧から移り住んできた民族が持ち込んだスピッツタイプの犬と、ロシアの土着のライカ犬種などが自然交雑して生まれた犬種です。なお、20世紀半ばまでにはもっと強く反射神経や身体能力がより高くなるよう改良するためにオオカミを交配させることも行われていました。

主に猟犬、そり引き、番犬として使われました。

猟犬としてはトナカイ、クマ、エルクなどの大型獣からテンなどの小型獣まで狩ることができます。

そり引き犬としては主人を狩り場や自宅まで運ぶために用いられ、交通網が発達する以前は貴重な交通手段となっていました。

番犬としては家を侵入者やクマなどから守りました。

かつては猟師が能力を重視し容姿に重きを置いていなかったため、体の大きさや耳の形などに多様性がありました。そこで1947年にスタンダードが統一され、犬種の固定が開始されました。しかし、能力を重視した繁殖は継続され、なかなか外見の統一は進みませんでした。そのため1980年代にブリーディングプログラムが立てられましたが、今でも耳の位置や形、毛質などにバラエティが見られます。しかし、これはあえて設けられた多様性であり、それ以外の体高や体重、性質などの犬種の固定には最も重要な点はしっかりと固定が進められました。この多様性の認可により犬質は高いが犬種として認められなくなってしまう犬はいなくなり、実用犬としての高い能力を保ったままスタンダードを統一することに成功しました。これにより国際的な畜犬団体であるFCIに犬種として公認されるに至りました。

ライカ犬種は非常に数が多いですが、本種はその中でも数少ないFCI公認犬種のひとつです。2010年現在、他にFCIに公認されているライカ犬種は本種とウエスト・シベリアン・ライカ、ラッソ・ヨーロピアン・ライカだけです。これらの3犬種の中で本種はもっとも無名で、あまり東シベリア以外では飼育されていません。一部の犬はペットやショードッグとして飼育されていますが、ほとんどの犬は現在も実猟犬として飼育が行われています。

このワンちゃんの特徴は?
イースト・シベリアン・ライカはロシアに棲息する3種類のライカの中で最も大きい犬種です。日本犬のようなスピッツタイプの犬種です。

筋肉質の体つきをしていて、頭部は少し小さめです。耳は立ち耳ですが、系統によって形やついている位置が若干異なっています。形は日本犬のような立ち耳である場合とシベリアン・ハスキーのようなV字に立った耳のものがあり、位置は正面を向いていたり、横を向いていたりします。尾は巻き尾が望ましいですが、垂れているものもいます。どちらも尾にはふさふさした飾り毛がついています。

被毛は二重構造になっていて、保温性・防寒性に優れている。しかし、それ故に暑さには非常に弱いです。被毛の長さはショートコートだが、なめらかなものと粗めのものがあります。毛色に特に制限はありません。

猟犬、そり引き、番犬の仕事ができます。

では単独もしくは小規模なパックで獲物のにおいを追跡し、発見すると吠えて主人に知らせ、自ら狩りに行きます。そして自分の力で獲物を倒します。クマなどの犬だけでは手に負えないような獲物が現れた場合は、主人が到着するまで噛み留めを行って動けなくし、駆けつけた主人の猟銃で仕留めてもらう事もあります。

性格は忠実で物静かです。大人しく飼い主家族に従順だが警戒心が強いので、番犬としても優れています。また本来、トナカイやエルク、クマなどの狩猟に用いられていたため、大型動物に立ち向かう勇気に溢れています。

このワンちゃんの飼育方法は?
イースト・シベリアン・ライカはライカの中でも飼育しやすい犬種です。 家族に対しては友好的ですが、それ以外の人にはあまり馴れ馴れしくしません。不審者と見なした場合は激しく吠え立てます。頼もしい番犬となってくれます。

物静かな性格ではありますが、ライカ犬種であるためによく吠え、主人以外からはしつけを受け付けにくいのが欠点です。なお、よく吠えるのは主人や家族に自分の気持ちを伝えるためで、人間の会話と同じような役割があります。吠えるのをやめさせることはできますが、ライカ以外の犬種とは違い、物言えぬことからストレスがたまって破壊行動につながるため注意が必要です。

運動量も多めで、日本の都会での飼育環境には適さない犬種です。

体を覆う分厚い被毛は換毛期になると大量に抜け落ちます。

かかりやすい病気は関節疾患や、地肌が湿気で蒸れておこる皮膚炎などがあります。

このワンちゃんの基本情報は?
名前
キャッチコピー
原産国
大型犬
体高
体重
被毛&毛色
性格
かかりやすい病気
運動量
お手入れ

このワンちゃんの動画が見れるよ

Play
Play
Play
Play
Play
Play
Play
Play
previous arrow
next arrow
ArrowArrow
Shadow
Slider

関連記事

  1. クーヴァース
  2. チェスキー・テリア
  3. 動物たちのおもしろ?!動画
  4. ゴードン・セター
  5. イングリッシュ・ポインター
  6. コーイケルホンディエ

コメントをお待ちしております

HTMLタグはご利用いただけません。

CAPTCHA


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

広 告



Translate this web site

広 告

このサイトについて

ようこそ!!「Dog-ZooCan.Com」へ。『犬と楽しく暮らす』を大切にこのホームぺジを作っています。
まだまだ、未熟ですがよろしくお願いします。


広 告

広 告



フェイスブック

カテゴリー

お気に入りの動画♪

※※※再生ボタンをクリックすると再生と 同時に音が流れますのでご注意下さい※※※
殺処分ゼロ わたしたちと同じ命あるもの 殺さないでください。。。.wmv
 
「かわいい犬」初めて人間の赤ちゃんに会った犬の反応が超面白い
 
最高におもしろ犬と赤ちゃん 謎の会話動画特集・どっちも可愛すぎる
 
Artistic Irish Terrier Pups | Too Cute!

広 告

広 告